丸山 師沙(まるやま かずさ)プロフィール

    • 国家資格所持:柔道整復師・鍼師・灸師・あんま指圧マッサージ師
    • 整形外科勤務11
    • 訪問マッサージ勤務2
    • 整骨院・整体院勤務3年

整形外科や施術院等の勤務時代に、慢性腰痛以外にも、腰痛が原因で寝たきりになってしまった方や膝痛で歩行が困難になってしまった方など、3万件以上の施術を経験。痛みの「原因」に対する施術を行い、その場しのぎではなく、「根本的な改善」を提案。

私は病院・整骨院・マッサージなど、「その場しのぎ」の施術しか受けず、「痛みで日常生活・仕事に支障をきたしている人」「どこに行っても改善されない人」「痛みを分かってもらえず家族や職場に理解されずに我慢をしている人」「どこに行っていいのかわからない」そんな悩みで苦しんでいる人を一人でも救いたいという想いがあります。

はじめまして。整体院 碧-ao-

院長の丸山 師沙(カズサ)です。

昭和56年12月2日生まれの37歳です。出身は新潟県長岡市(元北魚沼郡)の積雪3m以上積もるような田んぼと山と川に囲まれた自然の多いところの出身です。小さい頃は家で逆立ちをしたり、走り回ったりと、良く体を動かすのが好きで、落ち着きのない子供でした。

私が今の道、整体師になる”きっかけ”となったのは母親でした。

私の母親は先天性の筋性斜頸という病気で、首が傾いたまま固まってしまう病気で産まれました。1歳半までその症状が改善しなかったため、首の短くなった筋肉の手術をしたのですが、成長とともにその後遺症として首の傾きが徐々に出てきてしまいました。

首の傾きのせいで首や肩のこりを感じるようになり、若い頃から首肩のこりにはずっと悩まされてきたそうです。

私が小学4年生の頃、あまりに辛そうにしていたのを子供ながらになんとかしてあげたいと思い、よく肩叩きやマッサージをしてあげていました。気持ちよさそうに受けている姿と、「ありがとうね。楽になったよ。」と感謝されたことがすごく嬉しくて、その後も母にはもちろん、腰痛持ちの祖父にもマッサージを積極的にやっていました。

こんな体験もあり、母親や祖父のように困っている方を救いたいという気持ちから、体に関わる仕事に興味を持ち、柔道整復師の養成学校へ進学。

学生時代は昼は接骨院でバイトをして、夜間に学校へ行くという生活を3年間続けました。その間に勉強のために、自らいろんな治療院に行って治療を受けたりもしました。

そして柔道整復師の養成学校を無事に卒業し、国家資格を取得。

 

学校の紹介で整形外科に就職。

資格も取得し、さぁ、ここから頑張って患者さんを救うぞ!と意気込んで、いざ自信満々に患者さんの前に立ち施術を試みました。

しかし、どんなに学校で得た知識を使っても、半数以上歯が立たなかったのです。

腰を丸めないと歩けないくらい痛みの強い方、痛みを我慢して足を引きずっている方、「もう歳だからしょうがない」と諦めている方…。

そんな方たちに当初、自分ができることは痛いところをマッサージ・電気をかける事しかできませんでした。

こんなはずではなかった。なんて自分は無力なんだろう、、、ととても悔しくて夜も眠れず、日々の中でこの仕事は自分には向いてないんじゃないかとさえ思う日もありました。

しかし、当時お世話になっていた職場の先輩より、「人生は一生勉強。ここから成長するかどうかは自分次第。」とありがたい言葉をいただき、そこから必死にいろんな技術や知識を身につけるべく、毎週末には全国各地の様々なセミナーに参加をするようになりました。

 

そして、様々な勉強会に参加する日々の中で、私はついに、決定的とも言える痛み施術の根源にたどり着いたのです。

それは・・・

「痛みのあるところに原因はない」

ということです。

 

それからというもの、現場での腰痛の改善率が日に日に多くなり、現在では患者様から喜びの声を次々といただけるようになりました。

しかし、医師より「歳だからしょうがない」「手術じゃないと改善しない」とまで言われてしまっている方が世の中にはまだまだ多くいらっしゃいます。

そのような悩みを持つ方の力になりたいと思い、私は整体院として独立を決意しました。

私は自分の施術を通し、病院や整骨院で「その場しのぎ」の施術を受けてなかなか改善しない人を助けていきたいという想いがあります。

なぜなら、私は寝たきりになって動けなくなってから、後悔をしている方達をたくさん見てきました。動けなくなってからでは、回復するまでに相当の時間や労力がかかります。

もしあなたが、まだ心のどこかに少しでも慢性腰痛を改善して好きなことを思いっきりやりたい。と思っているのであれば、今すぐお話だけでもいいので私に会いに来てください。

あなたが未来のために踏み出した勇気、私が全て受け止めます。